オメガ3関連脂肪酸のわけ

脂肪酸というのは、油の分け前の一つで、油は、グリセリンという脂肪酸でできている。
脂肪酸には、満杯脂肪酸って不満杯脂肪酸があります。
グリセリンと結びついている脇の脂肪酸には、酸素があり、その後ろをオメガといいます。
グリセリン脇の酸素以外に脂肪酸は炭素って水素でできていて、炭素は4媒体のツボを保ち、水素は1媒体のツボを持ちます。
それぞれが別の炭素や水素と結びついている場合は、満杯脂肪酸ですが、不満杯脂肪酸は、炭素友人が2媒体のツボをつないでいます。
不満杯脂肪酸は、不満杯合成を持っていて、オメガ脂肪酸と呼ばれるわけは、オメガ弱から数えて3つ瞳に不満杯合成があれば、オメガ3関わり脂肪酸ってよばれますし、オメガ弱から6個瞳に不満杯合成があれば、オメガ6関わり脂肪酸と呼ばれます。
オメガ9関わり脂肪酸は、オメガ位の炭素から9個瞳に不満杯脂肪酸があり、これは不満杯合成が1個で一価脂肪酸と呼ばれます。
オメガ3関わり脂肪酸とオメガ6関わり脂肪酸は、不満杯合成が複数個あり、多価不満杯脂肪酸と呼ばれている。
DHAはドコサヘキサエン酸の略で6個の不満杯脂肪酸を保ち、オメガ3関わり脂肪酸の一種で青さか呼称やマグロに数多く含まれています。
そのほか、オメガ3関わり脂肪酸で人体に必要なのはαリノレン酸でこれは亜麻仁油に数多く含まれ、残りEPA(エイコサペンタエン酸)が人体で大切な役目をしています。DHAやEPAやαリノレン酸は全身で炎症を制する方位に働いています。