DHAという高血圧の関わり

血中のDHAやEPAの濃度が低くなるという血の粘ごとが高くなりドロドロの血になります。
この様に血がどろどろになってしまう事で、高血圧を引き起こします。
血をどろどろにする原因となっているのは、中性脂肪やコレステロールの過剰摂取だ。
EPAは中性脂肪を、DHAはコレステロールを低下させる効果が高いのですが、カラダではさほど作られない脂肪酸なので、食材から摂取する必要があります。
炊事方法によってEPAやDHAの実力が違ってきますので、ようやっと食べるなら効果的な食べ方をしたいものです。
そこでおすすめなのが、脂が沢山のった旬の魚のお刺身だ。
生で食する事で、青魚に含まれるEPAやDHAを余すところなく摂取できるだけでなく、同時に酵素も摂取できるからです。
血圧が高めのお客様は塩の量を燃やすだけではなく、日頃から青魚を摂る項目や適度な運動を心掛けて下さい。
そうすれば、それが高血圧の防止にも繋がるのです。