EPAサプリの特徴は

EPA

本サイトに起こし頂いたということは、EPAサプリに興味があるということですね。
EPAサプリについて紹介しましょう。

EPAサプリの特徴は
EPAとはイワシやサバなどの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のことで、そのEPAを高濃度で含む良質な精製魚油を使ったのがEPAサプリです。

特徴としては、動脈硬化の改善や、花粉、アトピー性皮膚炎の緩和、美肌効果などの効能があげられます。

まず最初に動脈硬化については、その原因である血小板の凝集を抑制する効果があるため、予防改善に役立つと言われています。
また血液中の悪玉コレステロールを減らしたり、中性脂肪を下げるといった効果もあるため、脳卒中、生活習慣病の予防も期待できるでしょう。

次に花粉、アトピー性皮膚炎に関しては、炎症物質を抑制する働きがあるため、その改善が期待されます。

そして、角質細胞を繋ぐ役割を持つEPAは乾燥肌や敏感肌を防ぐ効果もあります。
女性に嬉しい効果はこれだけではありません。
ダイエット効果や生理痛の緩和なども、EPAの効能としてあげられます。

これらの特徴を有したEPAサプリですが、摂取量には気を付ける必要があります。
いくら良い効能を有するサプリでも過剰摂取は健康に良くない影響を及ぼす可能性があります。

人気のDHAサプリメント

売れているDHAサプリはこちら

DHA & EPA+N-アセチルグルコサミン
DHA & EPA+N-アセチルグルコサミン
N-アセチルグルコサミンは、2009年には「記憶・学習能改善剤」としての特許承認されました。
その「N-アセチルグルコサミン」は、青魚のサラサラ成分「DHA」や「EPA」と組み合わさることで更に「うっかり」や「ぼんやり」を強力サポート。

>> DHA & EPA+N-アセチルグルコサミンはこちら <<

N-アセチルグルコサミン

みやびの鮫肝・DHA&EPA
みやびの鮫肝・DHA&EPA
DHA・EPAの配合量とコスパにこだわったサプリ!
DHA・EPA 660mg、1日分たった60円!

>> みやびの鮫肝・DHA&EPAはこちら <<

みやびの鮫肝・DHA&EPA
EPAのDHA違い
DHAサプリとEPAサプリの違いは
EPAサプリ、DHAサプリはどちらもイワシやサバといった青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸を補えるという点でとても似ています。
違いとしてあげられるのはその効能です。

EPAはエイコサペンタエン酸の略称です。
効果としては、血液中の悪玉コレステロールを減らし、また中性脂肪を下げる働きがあるため脳卒中や動脈硬化、生活習慣病の予防に役立つといわれます。
それに、花粉症、アトピー性皮膚炎の緩和や美肌効果。
生理痛の緩和やダイエット効果などと、女性に嬉しい効果が期待できます。

対してDHAはドコサヘキサエン酸の略称です。
DHAと言われれば頭がよくなるというイメージで知られていますが、実際これは脳の発達段階に必要不可欠な栄養素です。また、脳に多く存在し、脳の伝達をスムーズにすると言われています。
成長期の子供や脳に冴えが欲しいといった方に適しているでしょう。

これまで述べたことから、EPAサプリのDHAサプリの違いはその効能にあると言えます。

一日のEPAサプリの摂取量は

生活習慣病予防や美肌効果、皮膚炎の緩和など、様々な良い効果が期待できるEPAサプリですが、だからといって過剰摂取は好ましくありません。
適度な摂取量を心がけるべきでしょう。

厚生労働省はEPAを推奨健康摂取食品に選定しており、18歳以上のEPA推奨摂取量を一日1000mgとしています。
サプリメントからだけでなく、普段の食事での摂取量も含めた値です。
EPAの効果を得るためには、1000mg程度を毎日継続し摂取し続けることが好ましいです。

しかし一方で、先に述べたとおり過剰摂取は好ましくありません。
一日3000mgを超えて摂取し続けると健康に良くない影響を及ぼす可能性があります。
普段青魚を多く食べて、かつEPAサプリを継続して摂取しているような方は、気を付ける必要があります。
一日どれくらい摂取したかをチェックして、過剰摂取しないようにしましょう。
健康のため摂取するEPAアプリで逆に健康を害してしまったら元も子もありません。

血液サラサラ EPAサプリ

血液をサラサラにする効果があるEPAサプリ
血液は全身に酸素や栄養素を運び、不要となった二酸化炭素や老廃物を排出するという役割を持っているため、健康的な生命維持活動に欠かすことの出来ない重要な存在です。
しかし血液サラサラ EPAサプリ現代は食生活や生活習慣の悪影響などから血液がドロドロ状態になっている人が多く、身体の各器官に負担をかけたり血管が詰まりやすくなり深刻な病気を引き起こす要因となることが多いという現状があります。
そのため出来るだけ健康的な生活をおくり、病気を予防したいと思うならば血液をさらさら状態にすることが大切です。EPAサプリを利用すると血中の中性脂肪を減らし、血小板の凝集を抑制する効果もあるため大変効果的です。
EPAサプリの主成分であるEPAは魚にたくさん含まれている栄養素ですが、魚が苦手だという人や手軽に栄養補給がしたいという人の場合は食生活で賄えない分をサプリで補給すると良いでしょう。
EPAサプリには優れた健康効果があるため、体調が優れない人や健康診断の結果がイマイチだった人におすすめです。

EPAサプリの摂取方法は

EPAは、学習能力や記憶力の向上、視力低下の抑制、動脈硬化の予防、アトピーの改善など様々な効果があります。n-3系の多価不飽和脂肪酸のひとつとなっており、イワシやサバ、マグロ、サンマ/span>などの青魚に含まれています。
n-3系脂肪酸は、EPAの他にDHAやαリノレン酸などがあります。
心筋梗塞や動脈硬化などの血管系の生活習慣病を改善する効果があることでも知られています。
しかし、体内から合成することができないので、食事から摂取しなければなりません。
しかしながら、日々忙しく生活している方であれば、毎日進んで摂取することは難しくストレスになってしまう方も少なくありません。
そんな方におすすめなのが、EPAサプリを愛飲する方法です。
EPAサプリであれば、1日に必要な栄養素を十分にストレスなく補うことが可能です。
目安である400㎎から1000㎎を1日数粒のサプリで効率よく身体に取り入れることができるのでおすすめです。

EPAサプリの効果をよく知る

EPAサプリ効果現代は、心筋梗塞や、虚血性心疾患、動脈硬化、高血圧症等の高脂血症で苦しんでいる人が多いです。それらは、食べすぎなどで、肝臓に蓄えきれなかった栄養分が、血管内に流れ込み、中性脂肪となって血管内をどろどろにして血管を硬くしてしまったり、血管内で詰まって血栓を作ってしまったために引き起こります。それらを防ぐためには、血液をサラサラにすることです。それが、イワシ,サバ,マグロ,サンマなどの青魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸の一つであるEPA(エイコサペンタエン酸)です。それらはEPAサプリメントとして売られています。
EPAは血液中に放出されると、多価不飽和脂肪酸の働きで、変形しながら血管内をスムーズに動き回ることができます。そのために、血液の流れが良くなり、上記の血管系等の病気の予防効果に繋がります。血行がよくなったことで、細胞が活性化し、肌荒れを防いだり、免疫力を高めがん予防や生理痛の改善に役立ちます。EPAサプリメントをよく知ることで多くの現代病が防げます。

動脈硬化改善の効果があるEPAサプリ

イワシやサバ、マグロ、カツオなどの青魚に豊富に含まれているEPAは、不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、血流を滑らかにして動脈硬化を改善に導く効果があるといわれています。動脈硬化改善

EPAには、血液中の活性酸素と結びついて血管の老化を進行させる過酸化脂質をつくる中性脂肪やLDLコレステロールを減らして、血流に安定に不可欠なHDLコレステロールを増やす作用があるといわれています。
また、EPAには赤血球の細胞膜を柔らかくするとともに、血液の凝集を抑えて血栓ができるのを予防する作用があるので、血管の老化によって生じやすくなる脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果が期待できます。

このように、突然死のリスクを減らすためにも有効なEPAですが、毎日魚を食べられないという方にはEPAを効率よく摂取できるEPAサプリを利用するのが効果的です。
EPAサプリは、EPAと同じく血流をスムーズにする働きのあるDHAと一緒に配合された製品が主流になっていますが、最近ではサケに多く含まれるアスタキサンチンがプラスされた製品も販売されています。
アスタキサンチンは過酸化脂質をつくる活性酸素を取り除く抗酸化物質なので、EPA・DHAと力を合わせて動脈硬化を改善に導いてくれるので、迷ったときにはアスタキサンチンが配合されているEPAサプリをお勧めします。